特別養子縁組がやっと成立か?!

家庭裁判所から特別養子縁組の審判書が届きました。

結果は、特別養子を認める…とありました。

夫も今いないから、一人で嬉し涙…。息子も私をじっとみて、きょとんとしていました。

審判内容は、”実母は特別養子縁組をすることに反対しているが、今後子供を責任を持って育てていくことはむずかしい。子供のことを考えると、特別養子として養親にもとで育てられることが適切”というようなことが書いてありました。

これから2週間の間に、けんたをうんだ母親からの不服の申立がなければ、特別養子縁組の確定書がわが家に届きます。それを市役所に提出すれば,法律上も私達夫婦の子どもとして晴れて認められることになります。

もうすこしです。

A judgement on making of special 
adoption came from the family court.

In short, it was the acceptance of the adoption.

Since my husband is away at this moment from this news, 
I found myself filled with tears alone. My son Kenta gazed 
at me with a stupified look.The content of the letter says 
"Though the biological mother is against the making of special 
adoption, in future, it looks gloomy for her to raise 
the child with responsibility. With all the fairness to the child.
it is adequate that he should be brought up by the foster-parents 
under the law of making special adoption". It was writtten something 
like this.From this time onward until two weeks, unless 
Kenta's biological mother make an application for complaints, the notice confirming of the 
establising of the special adoption should 
arrive at our residence. Once it comes, all we can do is to 
submit the paper to the municipal office. then, 
he will be officially/legitimately recognized as
a real child of our own couple. 
We can hardly wait for the time to come.
 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    のの (月曜日, 04 4月 2016 16:44)

    おめでとうございます。確定書早くくるとよいですね。


1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
2 (税込)