養子縁組の申し立てをした日


とうとう待ちに待った養子縁組の申し立てをする日。家庭裁判所に行ってきました。


前日、けんたには


「明日は、けんちゃんと法律的にも親子になるための手続きをしてくるわね。そのために横浜の家庭裁判所というところに行くのよ。裁判所の人はすぐには”家族になっていいよ。”とはいってはくれないけどね。やっと、パパとママとけんちゃんは3人家族になるけど…いいよね?」


最後にけんたに気持ちを確認してみたところ、元気よく「いいよ!」と答えてくれました。

 
そのあと、「ぼくもいっしょに横浜にいく〜」とけんたは粘るのですが、残念ながらその前に児童相談所の職員さんと大切な面談を控えていたので連れては行けず...ごめんね、けんちゃん。


夫は、家裁を出たら、「申し立てしちゃったなあ〜。」てうれしそうに話していました。私もジワジワと喜びが沸き上がっています。


でも、特に生活は変わりません。相変わらず、けんたの日々の素直さ、子どもらしさに一喜一憂しています。


これから、縁組が成立するまでに、けんたを産んだ実親も呼び出されて意思を確認したりすると聞いています。出産後、一度もけんたに会いにこなかった実親ですが、ちゃんと家庭裁判所に行き、親権を放棄して、私たちが親子になることを認めてくださるといいなあと祈っています。


Finally the long-waited day came.....the day for us to apply forthe legal  foster-child adoption procedures. We went to a domestic(family) court.

 

The day before...We told Kenta...."Kenta, tomorrow we'll apply for the procedures that would make us to become parents and a child legally. We'll visit a domestic court in Yokohama for that reason. They wouldn't say instantly "it's okay you can be a real family"....., but we will be bonded..three of us...papa, mama and you, Kenta...a real family of the three, okay with you?"...

 

Last of all, I tried to confirm of his mind. He replied vividly "Sure"...

 

After that, he was stubborn to insist.."I'm going to Yokohama with you~~~". I have to tell you, sorry to say, Ken-chan, before visiting the domestic court, we have an important appointment with a staff at child-welfare consultation center, so we can' take you to Yokohama.

 

Speaking of my hunband, he said it out smiingly "Yeah, we did apply it~~~". Likewise I began to tremble with the same joy.

 

Well, our life hasn't particularly changed. As usual, we are going through our roller-coaster days to find  Kenta's childlike  naked honesty.

 

We realize that, before the legal matching is completed, Kenta's biological mother will be called upon by the court to confirm her will. Ever since Kenta's birth, this real  mother never came to see him, but we wish she would visit the domestic court responsibly and abondon her excercising parental authority. In this way, we wish and pray for ourselves that the court would accept our llegal parents-child case.

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    新里たかし (日曜日, 18 8月 2013 08:22)

    けんた君、どうだったかなぁ

    絶対に幸せになってほしいですね!


1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
2 (税込)